研究活動推進委員会

委員長 佐伯 由香(愛媛大学)
副委員長 渡邉 順子(静岡県立大学)
委員

田中 美智子(福岡県立大学)
岡田 淳子 (日本赤十字広島看護大学)
長谷川小眞子(福井県立大学)
城賀本 晶子(愛媛大学)

研究活動推進委員会 活動報告

1.第15回学術集会の大会賞ならびに座長推薦演題の選出

 第15回学術集会(9月24日、25日:高崎)における大会賞ならびに座長推薦演題の選出を実施しました。すべての一般演題に対して、演題抄録について学術集会プログラム委員会の採点結果と当日の発表内容を含めての座長の採点結果を基に、2017年3月の理事会で検討しました。その結果、大会賞1名ならびに座長推薦演題15演題が選出されました。下記は、大会賞上位10位までの11演題(10位は同点で2演題)です。ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。尚大会賞の1演題につきましては、第16回学術集会で表彰を行う予定です。

第15回学術集会大会賞選出結果:2016.9.24&25.in高崎   

順位 発表番号 筆頭発表者 所属 演題名

1

O-22

縄秀志

高崎健康福祉大学 保健医療学部 看護学科

「気持ちよさ」をもたらす看護ケアに対する看護師の認識モデルの検討

2

O-23

掛田崇寛

関西福祉大学 看護学部 看護学科

快・不快情動下における痛覚感受性の変動:嗅覚刺激誘導による快情動は痛覚受容を抑止するとともに不快情動を改善する 

3

P-49

武内和子

川崎市立看護短期大学 東海大学大学院

看護学生と看護師の沈黙の捉え方の比較-患者との初回会話の場面想定法を用いた質問紙調査-

4

O-20

古島智恵

佐賀大学 医学部 看護学科

うつむき姿勢保持に対する自動運動の苦痛緩和効果の検証

5

O-15

宍戸穂

KKR札幌医療センター

高齢者への清拭時における10秒間の温タオル貼用の有効性

6

P-32

伊部亜希

敦賀市立看護大学

長期臥床高齢者における布団被覆時の足部血流の変化と自律神経活動との関係

7

P-50

武内和子

川崎市立看護短期大学 東海大学大学院

患者との関係開始場面における看護学生と看護師の会話行動の比較-マルチ・チャネル・アプローチの観点から-

8

O-03

芳村直美

社会医療法人社団三思会 東名厚木病院 摂食嚥下療法科 

摂食・嚥下機能低下をきたした肺炎高齢患者に対する看護実践の特徴

9

P-35

西田直子

京都学園大学 健康医療学部 看護学科

病院看護管理者が認識する腰痛問題と腰痛予防対策との関係

10

P-27

藏元恵里子

宮崎県立看護大学

ポータブルトイレにおける排泄物処理材の活用方法の検討―焼酎粕の乾燥粉体使用による模擬水様便の固形化―

10

O-25

加藤貴恵

医療法人 藤森医療財団 藤森病院

臨床におけるエンゼルケアの現状と課題 ~エビデンスに基づいたエンゼルケア~

昨年度の第14回学術集会における大会賞受賞者1名への表彰式を第15回総会終了後に実施し、菱沼理事長から賞状ならびに記念品が授与されました。

2.卒業研究交流セッション

 2016年3月に卒業した新人看護職者の研究活動を推進するための企画として、第15回学術集会において「卒業研究交流セッション」を実施しました。9演題の発表が行われ、発表者は参加者との活発な意見交換や多くの助言を受け、今後の研究活動に活かそうとする意気込みがみられました。当委員会委員の採点結果を基に優秀賞1演題を決定しました。

筆頭発表者 所属(卒業校) 演題名

西岡みのり

川崎医科大学附属川崎病院

(関西福祉大学看護学部)

非接触型静脈可視化装置の活用方法に関する研究

3.研究助成の実施

 学会の事業の一環として、看護技術の検証と開発を追及し、看護実践の向上に寄与することを目的に、今年度も引き続いて募集を行い、2件の応募があった。委員会で審査した結果、2件とも条件付採択となり、理事会で承認された。

 

日本看護技術学会

本部事務局

〒020-0693
岩手県滝沢市巣子152-52 岩手県立大学看護学部 高橋有里研究室
日本看護技術学会事務局
FAX 019-694-2256 E-mail jsnas@ml.iwate-pu.ac.jp
※2017年4月より、本部事務局が聖路加国際大学から岩手県立大学に異動しました。


会員事務局

〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目4番地12号
新宿ラムダックスビル9階 
株式会社春恒社内
TEL 03-5291-6231 FAX 03-5291-2177
*入会・退会手続き、所属変更等の会員に関する内容は、会員事務局にご連絡願います。